公益社団法人 日本てんかん協会
| メールでのお問合せ | 入会申込み | サイトマップ |
新着ニュース てんかん協会について てんかんについて 波・書籍・DVD お役立ちテキストダウンロード リンク集
てんかんについて
てんかんについて
てんかんとは
治療法と予後
発作に出会ったら
使える制度と課題
センター・専門医
てんかんと運転免許
日本てんかん協会トップ > てんかんについて > てんかんとは

てんかんとは

てんかんの定義

「てんかんとは、種々の成因によってもたらされる慢性の脳疾患であって、大脳ニューロンの過剰な発射に由来する反復性の発作(てんかん発作)を特徴とし、それにさまざまな臨床症状及び検査所見がともなう。」
(WHO(世界保健機関)編:てんかん辞典より)

大脳の神経細胞(ニューロン)は規則正しいリズムでお互いに調和を保ちながら電気的に活動しています。
この穏やかなリズムを持った活動が突然崩れて、激しい電気的な乱れ(ニューロンの過剰発射)が生じることによって起きるのが、てんかん発作です。
このため、てんかん発作はよく「脳の電気的嵐」に例えられます。
また、てんかん発作は繰り返しおこることが特徴です。そのため、1回だけの発作では、ふつうはてんかんという診断はつけられません。


【原因】
てんかんの原因は人によって様々ですが、大きくは症候性てんかん特発性てんかんに分けれます。
<症候性てんかん>
脳に何らかの障害や傷があることによって起こるてんかん
例)生まれたときの仮死状態や低酸素、脳炎、髄膜炎、脳出血、脳梗塞、脳外傷
<特発性てんかん>
様々な検査をしても異常が見つからない原因不明のてんかん

【発症年齢】
乳幼期から高齢期まで幅広く発病しますが、3歳以下の発病が最もおおく、80%は18歳以前に発病すると言われています。
しかし近年、人口の高齢化に伴い、高齢者の脳血管障害などによる発病が増えてきています。


【遺伝】
てんかんのほとんどは遺伝しません。
一部のてんかんには発病に遺伝子が関係していたり、発作の起こりやすさを受け継ぐことが明らかになっていますが、そうしたてんかんの多くは良性であり、治癒しやすいようです。


【てんかんという病名について】
「てんかん(癲癇)」という名称は、欧米諸国で使われている「エピレプシー」よりも起源の古い、古代中国医学に由来する言葉です。
「癲」:
紀元前200年、秦の始皇帝の時代に、倒れる・ひっくり返る病という意味で用いられ、「癲」1文字で、てんかんという意味で表された
「癇」: 7世紀初頭、隋の煬帝の時代、特に小児のてんかんという意味で用いられる
この、「癲」「癇」という言葉をあわせて、現在の「てんかん(癲癇)」として使われたのが、10世紀の初頭、唐の時代のことです。
つまり、「てんかん」という病名の由来は、てんかん発作の代表とも言うべき大発作である「倒れる病」という意味です。


【分類】
発作は大きく分けると、全般発作部分発作に分けられます
<全般発作>
発作のはじめから、脳全体が「電気の嵐」に巻き込まれるもので、意識が最初からなくなるという特徴がある
<部分発作>
脳のある部分から始まる発作

全般発作

■強直間代発作
(大発作、意識喪失とともに全身を硬直させ(強直発作)、直後にガクガクと全身がけいれんする(間代発作))
■単純欠神発作
(数秒から数十秒の突然に意識消失し、すばやく回復する)
■複雑欠神発作
(意識障害にくわえて他の症状、自動症やミオクロニー発作などを伴う)
 ※自動症(舌なめずり、揉み手、一見目的にかなった行動をする)
 ※ミオクロニー発作(体を一瞬ビクっとさせるものから意識消失して倒れるものまで様々)
■点頭発作
(全身の筋肉の緊張が高まり、頭部前屈、両手を振上げる、両脚の屈曲という形をとる)
■脱力発作
(全身の力が瞬時になくなって崩れるように倒れる)

部分発作

■単純部分発作
(意識はたもたれている)
■複雑部分発作
(意識が消失する)
■二次性全般化発作
(部分発作から始まり、全身のけいれんが起こる)


不治の病ではありません

発症率“100人に1人”と言われています。つまり、全国に100万人の仲間がいると考えられます。
また、現在の医療では、適切な治療で発作を70〜80%の人でコントロール可能であり、多くの人たちが普通に社会生活を営んでいます。
しかし、2割の人は、薬を飲んでも発作をコントロールできない状態で、「難治性てんかん」と呼ばれるものもあります。


診断

発作の介助者・目撃者と一緒に診察に行きましょう
てんかんの診断は、発作の様子を詳しく説明してもらうことから始まります。
しかし、多くの患者さんは発作が始まると意識が障害されることがおおく、自分で発作の状態や状況を話すことができません。また、医師が発作を目撃することはきわめて稀です。
そのため、発作の状況・状態を知る、家族や学校の先生、職場の人などの介助者・目撃者と一緒に診察に行き、医師に発作の状況を正確に伝えましよう。
目撃者は、「てんかん発作の記録の要点」をおさえ、身ぶりを交えるなど、できる限り発作の状況について医師に説明しましょう。

※てんかんは繰り返し起こることが特徴です。そのため、1回の発作だけではてんかんと診断することが困難ですが、脳波にどのような波が出ているかによって、1回の発作でてんかんの診断をつける場合もあります。


検査

【脳波検査】
てんかんは脳の神経細胞の電気的発射によっておきますが、この過剰な発射を脳波検査で記録することができます。そのため、脳波検査はてんかんの診断のために最も重要な検査です。
脳波検査は診断のみでなく、てんかんの発作型の判定にも役立ちます。
何回検査しても安全ですし、痛みもありません。


【脳波検査の他にも】
CT検査やMRI検査などは、脳腫瘍や脳外傷などを画像で確認できるため、てんかんの検査に有効です。
PET/SPECT、MGE などもてんかんの検査に使われます。


【血液・尿検査】
血液・尿検査もてんかんの診断に欠かせない検査です。
てんかんの発作は様々な原因でおこりますので、原因検索のために血液や尿の検査をします。
また、てんかんの薬物治療は長期間にわたり薬を飲み続ける必要があるので、服用する前に体の状態を調べる必要があります。

▲ ページの先頭へ
| トップ | ニュース | 協会について | てんかんについて | 波・書籍・DVD | お役立ちテキスト | リンク集 | プライバシーポリシー |

Copyright (C) Japan Epilepsy Association, All rights reserved.
このホームページへのリンクについては、管理者(本協会本部事務局)までご連絡をお願いします。