公益社団法人 日本てんかん協会
| メールでのお問合せ | 入会申込み | サイトマップ |
新着ニュース てんかん協会について てんかんについて 波・書籍・DVD お役立ちテキストダウンロード リンク集
てんかんについて

てんかんについて
てんかんとは
治療法と予後
発作に出会ったら
使える制度と課題
センター・専門医
てんかんと自動車運転

日本てんかん協会トップ > てんかんについて > てんかんと自動車運転

てんかんと自動車運転

てんかんのある人による交通事故によって亡くなられた方々のご冥福をお祈りするとともに、残されたご遺族に心より哀悼の意を捧げます。

てんかんのある人ならびに家族の皆さんへ

2011年4月に鹿沼市(栃木県)で発生したクレーン車による交通死亡事故や、2012年4月に京都(祇園)で発生した交通死亡事故を契機に、「改正道路交通法(改正道交法)」と「自動車の運転により人を死傷させる行為等の処罰に関する法律(自動車運転死傷処罰法)」の2つの法律が施行しました。てんかんのある人やご家族の皆さんにとりましては、運転免許取得・更新について、ご心配のこともあろうかとご推察いたします。協会にも多くの相談が寄せられています。
以下は、自動車運転に関係して知っておくべき事柄です(「関連資料ダウンロード」もご参照ください)。ご確認のうえ、法令遵守を心がけてください。

■ てんかんのある人の運転免許取得には、一定の条件が決められています。

■ てんかんのある人は、大型免許と第2種免許の取得は控えてください。
※運転を主たる職業とする仕事も、お勧めできません。
※5年以上発作がコントロールされていて服薬も終えている場合に運転適正があります(日本てんかん学会)


■ 病状が安定し運転免許の取得(更新)を考えるときは主治医に相談しましょう。

■ 運転免許の取得(更新)の際には、病状を正しく申告しましょう。

■ 体調不良や抗てんかん薬を飲み忘れた時などには、運転を控えましょう。

■ 運転に支障が生じる状態になった時には、運転適性相談窓口(運転免許センターなど)に相談をしましょう。

■ 「改正道交法」ならびに「自動車運転死傷処罰法」によって、新しく変わる点は以下のとおりです。
  1. 免許取得や更新時の質問票に虚偽回答をして事故を起こすと罰則が科せらることがあります。
  2. 病気の症状等を理由に免許を取り消しになった場合は、取り消しから3年未満に運転適性の状況が回復すれば、試験免除で免許の再取得が可能になりました。
  3. 運転をすることができない状態であるのに運転をし続ける人を、医師が公安委員会に届け出ることができます。
  4. 運転してはいけない状態であることを承知しながら運転し、死傷事故を起こした場合の刑罰が重くなりました。
※てんかんと自動車運転について、もっと詳しく知りたい方は、電子書籍版「波」2014年6月号(「波」電子書籍サイト)もしくは、「なみセレクションvol.4 てんかんと自動車運転」(300円/1冊+送料)をご活用ください。


関連資料のダウンロード

【てんかんと自動車運転に関する資料】
ポスター「てんかんのある人の運転免許取得について」
「道路交通法施行令の運用基準(抜粋) 」
自動車運転に関するQ&A(協会作成)
自動車の運転により人を死傷させる行為等の処罰に関する法律に関するQ&A(法務省作成)
 ※正確な条文の文言などの詳細は、法務省ホームページをご参照ください
リーフレット「道路交通法の一部が改正されました」(警察庁作成)
事業主向けチラシ「道路交通法が改正されました」(厚生労働省作成)

【附帯決議】
「衆参両院内閣委員会附帯決議(改正道交法)」
「衆参両院法務委員会附帯決議(自動車運転死傷処罰法)」

【要望書・声明等】
「栃木県鹿沼市で発生した交通死亡事故に関する声明」
「京都市内で発生した交通死亡事故に関する声明」
「刑法および運転免許制度に関する要望書」
「第1回一定の病気等に係る運転免許の在り方に関する有識者検討会」(
ヒアリング発言内容)
「自動車運転による死傷事犯の罰則整備に関する要望書」
「京都・祇園ワゴン車暴走事故の事故原因に関する質問書」
「『道路交通法改正試案』に対する意見」
緊急署名用紙「国会での慎重な審議を求む」
「緊急シンポジウムアピール」
「道路交通法の一部改正に関する声明」
「自動車の運転により人を死傷させる行為等の処罰に関する法律」案への7団体要望書
「衆議員法務委員会附帯決議(自動車運転処罰法)」
「自動車運転死傷行為等処罰法案の審議を慎重に行ってください(要望書)」
「自動車の運転により人を死傷させる行為等の処罰に関する法律」への8団体要望書
「道路交通法施行令の一部を改正する政令案」への意見募集(パブリックコメント)についての意見
「『自動車の運転により人を死傷させる行為等の処罰に関する法律施行令案』」への意見募集(パブリックコメント)についての意見
「総会決議」



相談窓口

【運転免許センター等の窓口】
全国の運転適性相談窓口では、ご本人やご家族からのご相談に対応をしています。
これまで病状などを申告してこなかった人が相談窓口でそれまでのことをとがめられることはありません。また、病状などについて相談をすることですぐに運転免許を取り消されることもありません。不安なことがありましたら、気軽に運転適性相談窓口をご活用ください。
※万一、運転適性相談窓口や運転免許手続きに際して、プライバシー保護に配慮が無かったり偏見を助長すると思われる行為がありました際には、協会へご一報ください。
「運転適性相談窓口一覧(2014年5月現在)」をダウンロード

【日本てんかん協会の窓口】
協会本部事務局でも、福祉専門職相談やピア相談を行っています。自動車運転以外のことも含めて、ご心配なことがありましたら、お気軽にご相談ください。

相談専用ダイヤル 03-3232-3811 (平日)月・水・金曜日 13:15〜17:00


▲ ページの先頭へ
| トップ | ニュース | 協会について | てんかんについて | 波・書籍・DVD | お役立ちテキスト | リンク集 | プライバシーポリシー |

Copyright (C) Japan Epilepsy Association, All rights reserved.
このホームページへのリンクについては、管理者(本協会本部事務局)までご連絡をお願いします。